地域主権型道州制国民協議会 道州制政治化連盟
■基本メニュー
・南関東州のTOPへ戻る
・南関東州代表挨拶
・南関東州役員名簿 -準備中
・南関東州会員名簿
・組織図
 
 

地域主権型道州制国民協議会


本部 MAIL:master@dousyusei.jp

事務局 (株)プロスパージャパン内
〒169-0073東京都新宿区百人町2-5-8科研ビル4F
TEL:03-5318-5522(代)
FAX:03-6811-0139

リンクバナーです
ご自由にお使い下さい。
 
155×60px
 
130×42px
 

南関東州政治家連盟

9/23伊藤ゆうた座間市支部長が市議に当選

9月23日に行われた、神奈川県座間市の市議選に立候補していた伊藤ゆうた座間市支部長が当選しました。

27歳で初めての立候補の伊藤支部長に南関東州政治家連盟の県議市議が多数入れ替わり立ち代り応援に入り、見事当選しました。


これからは市議として地域主権型道州制の実現に努力してください。


9/22南関東州・東京特別州政治家連盟共催の研修会を開催

9月22日(土)神奈川県江ノ島にて、南関東州政治家連盟主催、東京特別州政治家連盟共催の「道州制に関する研修会」を、みんなの党政調会長、浅尾衆議院議員を講師に招き、聴講生である地方議員が地域主権、道州制実現する為どのような政治的問題点があるか、具体的に講義頂いた。

メンバーから質問も相次ぎ大変中味の濃い勉強会になった。

第二部の懇親会は地元の南関東州政治家連盟副代表、塩坂神奈川県議の設営で、みんな観光地の気軽さもあり和気藹々と懇談を楽しんだ。



8月24日山梨県清里で小野次郎参議院議員事務所後援により南関東州政治家連盟の勉強会「自治体経営と道州制」をテーマに行った。


南関東州政治家連盟主催「道州制」山梨研修会
画像をクリックするとPDFを表示します。

7/13 南関東州政治家連盟
医療保険制度 勉強会報告

講師 中田敏博氏

南関東州のメンバーに加えて、一般からの参加も得、総勢42名参加で行われました。
暑い中での駅頭PRなど、皆様お疲れ様でした。
主な内容は〜臨床医として社会人生活を始めたが・・・
ベンチャー経営に魅せられ、単身MITへ
孫正義さんに出会い、シリコンバレーへ
成長産業としての最先端医療、画期的がん治療法誕生の舞台裏日本の医療技術は世界に通用するのか世界を攻めるニッポンに変え、日本の「医療鎖国」の現実とその打破のために増税の前に本当にやるべきこと複雑すぎて、だれも手を付けられない医療保険制度の改革に取り組む決意が述べられた。

懇話会 懇話会

8/24
山梨県研修の会場変更と内容検討

富士の麓から八ヶ岳の麓清里になりました。
コンクリートの暑さから逃れ、避暑地清里にお集まりください。
別紙小野次郎事務所に作成いただいたチラシです。
私が山梨出身ですので、そのあたりを含めて、地元呼びかけ用に作成いただきました。
7月28日は、8月24日の研修会・定例会内容を検討しますので、是非ご参加ください。
8月24日は、12時集合として昼食会から入り、昼食後2時間程度の研修会と考えています。
前泊・後泊など可能ですから、忙中閑あり、是非山梨の自然を堪能して下さい。

5/11 南関東州政治家連盟
勉強会報告

懇話会
日時平成24年5月11日(金)13時〜16時30分 参加者20名
講師寺島浩幸(みんなの党福岡市議会議員、前福岡市職員)
テーマ「公務員のやる気を引き出すために」
目標「当たり前のことが通る組織にすること、強いトップの下、職員は安心して仕事ができ、合理的方針を示せる。」

A ポイントを3点あげると

  1. 透明性の確保
  2. 減点主義の見直し
  3. 褒める文化の醸成

具体策として何を行ってきたか

@第3セクターの情報公開を契約項目に努力規定として入れたことで全て公開できるようになった。
第3セクターと職員人経費は経費削減面からまだまだできる分野。
議員や権力者からの横車に影響されないよう、全て議員等とのやり取りは、課長を挟んで記録を公文書として残す。
情報公開ルールを示すことで横車の抑制になった。公文書は自治体の歴史文化であり、市民の財産である。それをうたった公文書条例が有効。

A職員がつくる起案文書に何を書くかの項目を定め、いくつかの中からこれを選んだ経緯がわかり、納税者である市民への説明責任を果たすことになった。

B役人の気質は、一言で言うとまじめな優等生。正しい事を言ってマイナスになるなら、様子を見ながら言うべきことを言わない。
現状は、上司に気に入られるかが行動の指針になっている。
課長・係長クラスは最も仕事内容が分かり、何をどうすればよいか、何がおかしいのかが分かっている。
また、将来の天下りポストや年金額に関して半ば期待をしてない。
このクラスが仕事ができるような環境をつくること大事。そのためにも上や横からの無理難題を抑制させること。

Cチャンレンジした人をほめる制度が重要。
提案の成果を庁内で表彰するなどして、細かな改善は多数発生してきた。
良い案件は横に展開することにつなげてきた。
方針や計画を事務事業というタスクまで具現化できれば、必ず成果が上がる。

B 効果が高かったが市長交代後継続できなかった取組み

現場に光を当てようと「業務シート」を作成するようにした。
この作成を担う課長のリーダーシップを高めるための研修をした。
職員が自らの仕事の価値や意味を認識し課題を見つけ自ら解決に取り組むDNA運動

  • D (出来ない理由ではなく出来ることを探す)
  • N (納得できる仕事をする)
  • A (遊び心を忘れない)
福岡から始まり全国に波及した取り組みで、官房部局に嫌われるほど効果が上がったが、市長交代後は実施されていない。

C 効果が高くその後も継続したい得る取り組み

各課ごとに区切って予算措置されていた諸施策補助金を統合補助金として、学区ごとに設置されている自治協議会に支給し、会計公開の対象とした。
専任の職員地域支援係長をおき協議会を担当し、ワンストップで協議会の意向を受け止めるようになり、風通しは良くなり、結論までの時間が早くなり効果が上がった。
市長変わっても継続している。

D 政策スタッフの政治任用

局長・部長といった政策スタッフは市長の意に沿ったメンバーに変える必要ある。
特に、総務・企画・財政・民生・環境局長部長クラスの主要政策が重要である。
たとえ、年齢が若くてもマネージメント能力の高い人には組織はついていくから心配ない。
期限付き雇用契約の公務員として条件を整えればすぐにでもできる。

E 職員の身分保障を外し分限処分導入へ(課題)

きちんと業務評価して、仕事をしないで開き直っている問題職員をクビにできることが必要。
法律でできるのに現状実施できていない課題である。
公務員の定年後は関係機関への再就職前提ではなく、公務員時代の人脈があれば経済界への転出は可能であると考える。
組織の管理分野などには経験技術が活かせると思う。
また、中途採用の門戸を拡大して人材の流動を図ることは有効。

催事予定

南関東州政治家連盟 第3回勉強会 【一般市民対象拡大勉強会】

テーマ 社会保障の財源とサービスのあり方

日時 7月13日金曜日 開始15時30分〜終了17時30分
会場 船橋市東部公民館 講堂
    (JR津田沼駅北口より3分 船橋市前原西2−21−21 TEL 047-477-7171)
    (http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisetsu/toshokankominkan/0002/0005/0001/p011024.html
講師 中田敏博(なかだ としひろ) みんなの党千葉県第2区支部長
     投資運営会社SBライフサイエンス代表
参加費  無料  参加予定 100名  参加対象 一般市民
主催 南関東州政治家連盟 担当 岩波初美 080-3715-6215

≪ねらい≫

中田さんは米国で医療ベンチャーへの投資を行う投資運営会社を創業してきました。
日本の医療を外から見ている方で、複雑に見える医療や福祉の姿を整理し判断し、投資家に解説する仕事をしています。
約1年前の平成23年3月、現在の日本の医療水準が世界の先進国の中では最低レベルである現状とその原因および解決策を訴える「医療鎖国」というレポートを文春新書から出版しました。
35兆円財源規模の日本の医療、赤字国債の原因となっている社会保障、巨大な財源を動かす社会保障分野の展開は、国民全体へ大きく影響を及ぼします。
社会保障をコストではなく産業としてとらえようという中田さんに、社会保障の財源とサービスのあり方の方向を示していただきます。

≪講師紹介≫

氏名:中田敏博 1968年栃木県生まれ
1993年千葉大学医学部卒業後、慶応義塾大学病院ほかで研修医として勤務。
1995年マサチューセッツ工科大学経営大学院にてМBA(経営学修士)を取得。
ボストンコンサルティンググループ入社。
2000年ソフトバンク株式会社経営戦略担当部長を経て、2001年、米国カルフォルニア州にてヘルスケア領域に特化した百億円規模のベンチャーキャピタルファンドの運営会社SBライフサイエンスを創業。 バイオテクノロジーおよび医療機器領域のベンチャー企業への投資と経営をサポートしてきている。
2010年 みんなの党千葉県第2区支部長就任。
著書 医療鎖国 文春新書


H24.4.28 南関東州政治家連盟 理事会議題と報告

懇話会

出席 赤野・大槻・岩波・上橋・森田・(本部)村橋理事長・小池事務局長

1.会員募集と入会金の確保

赤野事務局長からメール電話で連絡していく。

2.5月11日勉強会

参加者募集 議員以外の参加も呼び掛けることとした。
当日 12時集合 会員受付票は赤野準備
領収書(参加費 入会金)岩波準備
記録 写真は大槻担当
報告 ブログ等への報告文書・・大槻さんお願い
マスコミ 岩波連絡
その他 終了後近くで希望者参加の懇親会実施 当日受付で希望聞く講師寺島さんは当日、錦糸町にて宿泊します。懇親会参加いただけす。

3.次回勉強会予定 

神奈川担当の一泊型江の島研修はシーズンが終わった9月頃に予定
A 南関東州政治家連盟 第2回勉強会
テーマ 社会保障の財源とサービスの在り方
日時 7月13日 金曜日 13時30分〜16時30分
会場 JR津田沼駅付近で確保します。
講師 中田敏博 みんなの党千葉県第2区支部長
参加費 1,000円 参加目標 100名(一般参加呼びかける)
≪ねらい≫
中田さんは米国で医療ベンチャーへの投資を行う投資運営会社を創業してきました。日本の医療を外から見ている方で、複雑に見える医療や福祉の姿を整理し判断し、投資家に解説する仕事をしてきたとのことです。
35兆円財源規模の日本の医療、赤字国債の原因となっている社会保障、巨大な財源を動かす社会保障分野の展開は、国民全体へ大きく影響を及ぼします。社会 保障をコストではなく産業としてとらえようという中田さんに、運営の方向を示していただきます。
著書 医療鎖国 文春新書

4.道州制国会議員を誕生させよう 地域集会

次回5月26日に計画を持ち寄ることとした。
国民協議会から、次期衆議院候補予定者にむけて、道州制への本気度を聞くためのアンケートをとって欲しい旨要望した。その結果をうけて、道州制集会につ
なげていくこととした。

5.次回 5月26日土曜日 12時〜