地域主権型道州制国民協議会 道州制政治化連盟
■基本メニュー
・TOPへ戻る
・役員名簿
・会員名簿
・組織図
・各支部情報
・各支部報告 [NEW]
・道州制掲示板
・動画情報
・支部登録
・入会受付
・学生部入会受付
・学生部ニュース
・会員宛メール一覧
・講演会参加者の声
・実施済みアンケート
・道州制問題政治的動向
・各種ダウンロードフォーマット
・支部活動告知
 
 

地域主権型道州制国民協議会


本部 MAIL:master@dousyusei.jp

事務局 (株)プロスパージャパン内
〒160-0023 東京都新宿区西新宿
7-7-26 ワコーレ新宿第一ビル3F
TEL:03-5318-5522(代)
FAX:03-6811-0139
支部管理
リンクバナーです
ご自由にお使い下さい。
 
155×60px
 
130×42px
 
掲示板
-掲示板トップへ戻る-
今回の大震災に思う
投稿者/深川 行郎(2011-05-19 10:13:39)

東北大震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。

この震災の復旧、復興に対し国の対処の仕方にいらだちを感じます。中央集権体制での限界を見せつけられました。これがもし道州制を伴う地方分権体制下であったならばその対処の仕方ももっと積極的であったかもしれません。仮設住宅の建設においてでもです。なぜ国はあの瓦礫の山に対し宣戦布告をしなかったのでしょうか?瓦礫に対する戦争ですから人、物、金、の組織的投入がもっとなされており、今では人や重機があふれかえっていたことでしょう。仮設住宅は、今まで住んでいたところに建てる事が被災者の生活インフラと生活パターンを保全することになるからです。だから瓦礫に山は、早急に取り除かねばなりません。国は、地方自治体法とか環境保護法の陰に隠れて手を出しません。地方にお任せです。時限立法等の政治力を使って国が先頭に立って戦さをしかけるべきです。そして近隣の山をとり崩すくらいの勢いで地盤沈下の復旧を行い、瓦礫を撤去し、測量を行い、各人の所有を明確にしてそこから復興を図るべきと思います。  以上
 
Copyright (C) 2009 M-mart Inc. All Rights Reserved