地域主権型道州制国民協議会 道州制政治化連盟
■基本メニュー
・TOPへ戻る
・役員名簿
・会員名簿
・組織図
・各支部情報
・各支部報告 [NEW]
・道州制掲示板
・動画情報
・支部登録
・入会受付
・学生部入会受付
・学生部ニュース
・会員宛メール一覧
・講演会参加者の声
・実施済みアンケート
・道州制問題政治的動向
・各種ダウンロードフォーマット
・支部活動告知
 
 

地域主権型道州制国民協議会


本部 MAIL:master@dousyusei.jp

事務局 (株)プロスパージャパン内
〒160-0023 東京都新宿区西新宿
7-7-26 ワコーレ新宿第一ビル3F
TEL:03-5318-5522(代)
FAX:03-6811-0139
支部管理
リンクバナーです
ご自由にお使い下さい。
 
155×60px
 
130×42px
 
掲示板
-掲示板トップへ戻る-
投稿者/草莽の志士(2010-03-19 17:36:52)

国家公務員の削減が行われ、地方でNPOなどによる
地域運営が行われるようにするためには、地方に住む人たちの、
街を自ら作り上げるのだ、という気概が根底に無ければ成りません。
したがって、地域住民は今から街づくりにおける練習をしておかなければ
時が来たときに、街を運営できない、ということになりかねません。

そう考えると、いま大切になるのは地方議員の活動なのではないでしょうか。
地方主権型道州制を推進する地方議員は、来るべき時のために
今地域住民と協力して、街づくりに携わる必要があるのではないでしょうか。

来るべき時のために、今から準備をしておかなければ、
地域住民は混乱するだけになってしまいます。


国会議員や国家公務員の削減についても賛成です。
やはり今の人数、組織では無駄が多いように感じます。
多様化した時代の国家運営は、中央の人員は少なく、組織は最小にし、
地方で多様化に対応できるような仕組みにするべきだと思います。

また、省庁、人員の削減となると、大きな変革が必要となります。
そこには「コペルニクス的転回」「日本を再度洗い直す」というような発想を
実現する行動力が必要に成ります。その発想が地方主権型道州制であり、
それを実現しなければならないのは、30代、20代の若い世代ではないかと思っています。

私も30代半ばであり、まさにこれからの日本を創り上げる年代です。
なんとか微力ながらも尽力して行きます。

 
Copyright (C) 2009 M-mart Inc. All Rights Reserved